Monthly Archives: September 2013

El Cobertizo

Ya esta otoño.  La temperatura esta bajando y las hojas en los arboles están cambiando sus colores.  Bueno ya construido el nuevo cobertizo con la ayuda de mis tíos y mi vecino.  Me ayudaron con la construcción del piso y las paredes.  No podría hacerlo sin su  conocimiento.  Al fin, podría construir el techo  sin ayuda.

Fue otra gran experiencia de carpintería.  Ahorra, el patio trasero parece mas ordenado con todos los instrumentos ubicado en el cobertizo.  También, podría llevar el metal del viejo cobertizo al depósito de chatarra a cambio de veinte dólares.

La próxima cosa es a pintar el pequeño baño en el primero piso.  Tengo que hacerlo antes del Thanksgiving fiesta.

  • 6 years ago

日本風のアーキテクチャ

日本風のアーキテクチャは多分高校生の時から興味を持って始まりました。そうですね。。。禅文化の本から観ましたかな。それか、侍や江戸時代に関する本で観た可能性も高いです。とにかく、仏教に影響される文化やアーキテクチャに興味深いを今持っています。特に日本の禅仏教の影響さ。できるだけ、自分の家を禅風のシンプルやミニマリストのインテリアデザインを飾りたいです。ハハハ、本気でやろうとしたら、飾る事なんてできなく成るかもしれませんけど。

前より、今自宅がもっとシンプルに成りました。お父さんのモデルカーやビデオカセットテープなどをストレージに移動しました。今、デン(欧米のテレビやエンターテイメント機にある部屋)は凄く明るくて、窓を沢山インストールされるから自然採光が多いです。でもこの点は昔の日本風アーキテクチャに反対しています。僕は暗い暮らしを好きじゃありません。この特性だけ興味を持っていませんと思います。

未来に禅風の庭も作りたいですね。植物の庭や禅石庭を両方も欲しいです。小さいの野菜庭を作る事しか経験はないから色んな事や才覚を調べなければ成りません。

  • 6 years ago

逆キャルチャー・ショックその2

アメリカと日本の文化差はある立場から結構違っていると言われるですね。今回のポストでは、またその思想を強調する逆キャルチャー・ショックのエピソードを伝います。

ちょっと古い話けどまだ覚えている。帰国した一週間半後くらい経って(2011年9月に)、久しぶりにロングアイランド鉄道を乗ってました。この列車は、大学生の時代では大学から自宅まで月に一回を乗っていました。その時、ニューヨークに大学の寮で住んでいたから毎週ではないがたまに自宅へ帰りました。大学で勉強した間は2001年から2006年までだったので、この経路を良く知ってました。

とにかく、2011年に久しぶりに乗った時、違う目で車内の雰囲気や人々を違う目で見えました。車内で食べている人を観ましたですね。昔、なんでもないことと思ってたが、日本で5年間住む経験後の価値観では、ちょっと嫌な気持ちが沸き上がってました。多分特急電車では、飲食してる人は勿論居るですね。でも、愛媛で住んだ間、ワンマン電車の方を良く乗ってました。こういうな電車は飲食している人はあまり観ないですね。レストランや祭り以外の公共場所で食べられないエチケットを慣れてきました。だから、ちょっと逆キャルチャー・ショックの印象を与えました。アメリカでは、公共の場所で人が飲食する確率を日本よりずっと高いと思いますね。

最初帰った時、これを観るといやな気持ちが出て来たと感じました。でも、これは失礼な事ではないと思います。ただの文化の違うと思います。

  • 6 years ago
>