Otoño

El viento corre por las hojas multicolores como un viajera pintado con las últimas tendencias de la moda.  Bajo de mis pies, hay la sensación de hojas muertas con la vejez de una vida que han vivido por lo máximo y suenan sus últimas palabras cuando ando adelante.  Durante el día la temperatura es agradable, especialmente cuando el sol brilla.  El viento es uno que es refrescante, que me da ganas de hacer algo mas en mi vida.  A empezar un nuevo curso de negocios o pruebas.

Y no puedo dejar en pensado sobra la moda de este tiempo.  A veces, tengo el dinero, a veces no… de comprar los textiles que puedo vestirme in colores que reflejan mis sentimientos de este edad.  Tengo ganas de vestirme bien para puedo que acompañar amigos en excursiones que nos dejan a saborear este vida eterna y corta.

  • 6 years ago

新勉強道具の発見

この間、日本語の学生お友達がSkritterと言うのスマフォ・アプリを紹介してくれました。このアプリで漢字の読みや書き方を勉強する事ができます。単語や語彙の読み方を勉強する機会は一杯あるですね。だって、語彙のワークブックを買ったら、絶対に新単語表にふりがなで漢字の読み方が教えてくれます。勉強道具でないと、例えば新聞、読めない漢字が現れたら、電子辞書で正しい読み方を調べます。でも余ない機会のは漢字を書く事です。この時代中で殆どスマフォやパソコンで漢字を皆が打っていますね。だから字の書く訓練が減ってしまいました。日本人でも字の書き方が覚えてない場合も有ります。

だからSkritterをめっちゃ好きに成ってました!フラッシュカードのよう、速やかに漢字を書いて、当てるか違ったか教えてくれるで次の単語を出します。凄く便利ですよ!こんなに書く練習をこの前は無かった!今のレベルでは色んな漢字や語彙を読めますけど簡単なごいをふりがなから漢字に直すと聞かれたら、字を全然思い出せない!こう言う問題をこのアプリで溶けると期待しています。

日本のかたでも日本語を勉強している方でも是非Skritter試してみて下さい。

  • 6 years ago

El Cobertizo

Ya esta otoño.  La temperatura esta bajando y las hojas en los arboles están cambiando sus colores.  Bueno ya construido el nuevo cobertizo con la ayuda de mis tíos y mi vecino.  Me ayudaron con la construcción del piso y las paredes.  No podría hacerlo sin su  conocimiento.  Al fin, podría construir el techo  sin ayuda.

Fue otra gran experiencia de carpintería.  Ahorra, el patio trasero parece mas ordenado con todos los instrumentos ubicado en el cobertizo.  También, podría llevar el metal del viejo cobertizo al depósito de chatarra a cambio de veinte dólares.

La próxima cosa es a pintar el pequeño baño en el primero piso.  Tengo que hacerlo antes del Thanksgiving fiesta.

  • 6 years ago

日本風のアーキテクチャ

日本風のアーキテクチャは多分高校生の時から興味を持って始まりました。そうですね。。。禅文化の本から観ましたかな。それか、侍や江戸時代に関する本で観た可能性も高いです。とにかく、仏教に影響される文化やアーキテクチャに興味深いを今持っています。特に日本の禅仏教の影響さ。できるだけ、自分の家を禅風のシンプルやミニマリストのインテリアデザインを飾りたいです。ハハハ、本気でやろうとしたら、飾る事なんてできなく成るかもしれませんけど。

前より、今自宅がもっとシンプルに成りました。お父さんのモデルカーやビデオカセットテープなどをストレージに移動しました。今、デン(欧米のテレビやエンターテイメント機にある部屋)は凄く明るくて、窓を沢山インストールされるから自然採光が多いです。でもこの点は昔の日本風アーキテクチャに反対しています。僕は暗い暮らしを好きじゃありません。この特性だけ興味を持っていませんと思います。

未来に禅風の庭も作りたいですね。植物の庭や禅石庭を両方も欲しいです。小さいの野菜庭を作る事しか経験はないから色んな事や才覚を調べなければ成りません。

  • 6 years ago

逆キャルチャー・ショックその2

アメリカと日本の文化差はある立場から結構違っていると言われるですね。今回のポストでは、またその思想を強調する逆キャルチャー・ショックのエピソードを伝います。

ちょっと古い話けどまだ覚えている。帰国した一週間半後くらい経って(2011年9月に)、久しぶりにロングアイランド鉄道を乗ってました。この列車は、大学生の時代では大学から自宅まで月に一回を乗っていました。その時、ニューヨークに大学の寮で住んでいたから毎週ではないがたまに自宅へ帰りました。大学で勉強した間は2001年から2006年までだったので、この経路を良く知ってました。

とにかく、2011年に久しぶりに乗った時、違う目で車内の雰囲気や人々を違う目で見えました。車内で食べている人を観ましたですね。昔、なんでもないことと思ってたが、日本で5年間住む経験後の価値観では、ちょっと嫌な気持ちが沸き上がってました。多分特急電車では、飲食してる人は勿論居るですね。でも、愛媛で住んだ間、ワンマン電車の方を良く乗ってました。こういうな電車は飲食している人はあまり観ないですね。レストランや祭り以外の公共場所で食べられないエチケットを慣れてきました。だから、ちょっと逆キャルチャー・ショックの印象を与えました。アメリカでは、公共の場所で人が飲食する確率を日本よりずっと高いと思いますね。

最初帰った時、これを観るといやな気持ちが出て来たと感じました。でも、これは失礼な事ではないと思います。ただの文化の違うと思います。

  • 6 years ago

Diffusion of Consciousness: Part I

On train rides is when I have some of my most profound thoughts and ideas come to me.  Although, what I am about to describe really aren’t thoughts that I could call my own.  I’m sure some of my readings on the nature of reality and spirituality have informed the broad strokes of these ideas.     However my mind, while on these rides on looking out the window at the outside sweeping by, gets lost in ways of thinking or relating these ideas.  I’ll share one now…

So, there is the idea that consciousness isn’t localized in any one point in the body.  Right, ok… and perhaps this is true because when we look at the body while living and immediately after it has ceased to be alive there seems to be no apparent difference physically.  Perhaps we still have yet to learn and explore about the body, but let’s grant this idea.  Then the body could be thought of as a type of antenna that facilitates the “tuning-in” of consciousness to experience what it experiences while this body is still able to form its functions.  This is the best idea anyway on how to think about consciousness if we can’t pinpoint it to any location in the physical world.

So, regardless, this would mean that consciousness isn’t bound by this physical world because the “tuning-in” and concentration of consciousness would be happening on another wavelength or an alternate dimension (whatever words you choose to describe it).  So far I don’t have a problem with hypothesizing this.  It seems to me this could be highly plausible actually, especially given some of the teachings of wise men from our past.

Precisely, it is the way some spiritual paths describe a uniting, union or oneness where the individual having this experience viscerally feels they are IT ALL – one with the universe.  That there is no separation between what they are conscious of and anything outside of that.  It is described as their consciousness expanded out to encompass the entire world and universe.  If consciousness is non-localized and not bound by the physical bounders in our physical world… then this seems very possible.  Consciousness is then something that can fluctuate in its boundaries and that which it encompasses.   This also seems to be congruent in many spiritual paths that emphasize on ever expanding your awareness and care more and more people.
Thinking about this… I can’t help but think about the Beijing 2008 Olympics as well.  And I will share why in part 2 coming soon.

  • 6 years ago

Volver A España

A veces me hace falta mi tiempo estudiando en la ciudad de Segovia en España.  Me encantaba la cultura distinta de España como la gente se disfrutan después del trabajo en la plaza entre el noche hasta diez de la noche.  Fue una vida tan llena de placer que sabia como sabor vida y vino.

Me gustaría volver a vivir por lo menos seis meses mas en España.  Idealmente, no en Madrid pero en un lugar cerca de Madrid… como Segovia.  A mi me gusto el campo de los países que tengo la oportunidad a visitar.  En general, una cuidad es bueno para disfrutar el arte, la cine y teatro de un lugar – pero no para vivir cada día.  Yo necesito el aire fresco, y el espacio que hay en el campo a vivir un vida físicamente y sicológicamente muy sano.

Vuelvo a vivir en España una vez mas…

  • 6 years ago

逆キャルチャ・ショックのエピソードその1

結構前に、このブログポストを打ったけど載せなかった。。。

「­2011年8月29日昼12:20ニューヨークのJFK国際空港に無事で帰国した。実は、28日にアメリカへ帰る予定だっただけど、ハリケーン×アイリーンの影響で、その日に帰着する予定の便が翌日に持ち越された。結局、ニューヨークまでの運輸は関西国際空港から、東京成田国際空港で乗り換え、成田からJFK国際空港までの道筋で帰った。

29日の火曜日、帰った日、最初弟や両親が空港まで迎えにきてくれた。そして、ロング×アイランドにある自宅へ向いて、出発した。久しぶりの話をしながら、家まで帰った。

そして、第一の逆キャルチャ×ショックエピソドが起った。。弟(ブランドン)はお腹がついっているって言ってて、父がウェンディーズというファストフード店で止まった。弟の注文のため、父が店に入った。しばらくの間、「あ、お茶とか甘くないソフトドリンクものあるかなぁ」と思い浮かんで、僕も店内に入ってみた。やっぱり、甘くないものの選択はなかった、でもそれがそんなにびっくりすることじゃなかった。なにを驚かされたって言うと、店内には色んな人類が居た。ま、種類はそんなに多くではなかった、やっぱり、白人が多かったけど、東洋人は大多数ではなかったのは愛媛県に5年間住んだ僕の立場からみると、すごく可笑しかった! ま、当たり前のことだろうけど、3年振り帰ってない僕に対して、ある不思議なことを感じれる。

ん。。じゃ第二の 逆キャルチャ×ショックエピソドは何だったっけ。。あ!同じ日に夕方の方に、母が スーパーに皆で買い物しに行った。みるともなく、ダイコン、イチジク、三つ葉などを見つかった。うん。。逆キャルチャ×ショックのエピソドであるかな。。ま、日本人の立場みると、ちょっと面白いかなと思った。普通にこんな物がアメリカには、なかなか見つけられないと思われているかな。

あ!、第三は帰ってから、次の日洋服屋さんである主婦と彼女のお子様は日本語での会話を聞いた。うん、そよ!ニューヨーク州の田舎である洋服屋さんで。Ha ha ま、たいしたことはないでしょう。腕時計の表示を見ながら、彼らの会話を聞いた。なんか、最初の瞬間では、自分の頭の中の一言と思ってたけど、そのあと現実だったと気付いた。声をかけるべきだったかなけど結局辞めた。なんか。。その人たちが日本人や日本語を話せるによると声をかけるって迷惑をかけると思った。ま、次回そんな人たちを出会ったら、声をかけようかな。」

また、他の逆キャルチャ・ショックのエピソードをお伝えします!

  • 6 years ago

The Best Self

THERE IS NOTHING OUTSIDE OF YOURSELF THAT CAN EVER ENABLE YOU TO GET BETTER, STRONGER, RICHER, QUICKER, OR SMARTER. EVERYTHING IS WITHIN. EVERYTHING EXISTS. SEEK NOTHING OUTSIDE OF YOURSELF.

Miyamoto Musashi

As this life goes on, and my awareness of things continues to move – sometimes expanding, sometimes changing and shifting it’s shape, a few things come to mind.  One is that, the only constant does seem to be change.  That, we are certain of.  Anything outside of this mind, this awareness… will change and decay and transform into other things.  The only solid ground we have is what is inside us… and from what we are told by our teachers, has existed before our parents were born.

But still, I feel this urge to live in this life as fully as I can.  There is a striving to be better, to become more than I presently am.  Is it just this human condition that tints this awareness with such a yearning?  Regardless, it is there.  And I enjoy it.

In all relationships, there is a yearning, a striving to be the best that I can be.  To be the best brother that I can be.  To be the best son, the best cousin, the best friend that I can be.  To be the best business and romantic partner that I can be.  To be the best customer, the best client, the best stranger, the best teacher that I can be.  To be the best participant in the various roles as a human as I can be.

This extends into the various human endeavors, whether it be a business, a fashion sense, being creative and creating things, physical appearance etc.

It may just be built into the universe this way.  If the only constant is change, then we can only be in a state of forever evolving and striving to reach the greater stages of our own evolution.

It feels in this life, it is important to strive, to attempt to grow and experience and become more.  But, at the same time there is an absolute that maybe feels like, its all perfect just as they are.  Because perhaps in any given time… the sum total of evolution actually is the most and highest level that there is possible.  That the leading edge of the current moment is directly related to the energy that comprises this universe.

We can strive to become more than we are out there.  But the wise maybe know it’s what is being searched for is already in here.

  • 6 years ago
>